診療メニュー 歯周病治療

歯肉炎

歯垢が溜まり、歯肉に炎症が起きている状態です。初期症状ですので、骨などには影響はありませんが、ブラッシングの際に出血や痛みを生じることがあります。



初期歯周病

歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が少し溶け始め、ブラッシングの際に出血や痛みを生じることがありますが、まだ自覚症状までは至らないことが多いです。



中期歯周病

歯槽骨が大分溶け、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、痛みや腫れをともないます。
ようやく自覚症状が出てきます。



後期歯周病

歯槽骨がかなり溶け、歯はかなりグラグラし、日常生活に支障をきたすこともあります。歯肉が腫れて痛むことが多くなり、膿も出やすくなります。更に口臭もひどく、最悪自然に歯が抜けてしまうこともあります。




歯周病にならないために

1.正しいブラッシングの方法で毎日実行
2.歯科医院で歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去
3.傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉に戻す
4.歯科衛生士による専門的なクリーニングなど、定期的に受ける

歯周病のやっかいな点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。
痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ないのです。これが歯周病の最大の特徴で、また一番恐いところです。



歯周病の治療について

症状の段階によって異なりますが、初期症状の場合はブラッシングの指導、またブラッシングでは取れない歯垢・歯石の除去を行います。
中期・後期の症状の場合は、症状の進み具合によって外科治療を行うことになります。



治療前後の写真





Copyright(c) 2011 竹中歯科医院. All Rights Reserved.